酵素がなぜ人気か?

現代日本人の食生活

画像

現代人を悩ます生活習慣病、肥満、うつ病といった心の病気、これらを解決するのに必要とされていことの1つに食生活の改善は必ずあげられます。
現代の日本人は一見すると「いつでも好きなものが気軽に食べられる」という理想の食生活を手にしたように思えますが、西洋化やジャンクフードの普及により、栄養バランスの悪い偏ったものになりがちです。日本古来の和食が優れた健康食であることは分かっていても、かつてのような食生活に完全に立ち返ることは難しいでしょう。もはや毎日忙しくすごすその生活スタイルからしても、和食の奥ゆかしい味だけでは物足りなくなってしまった味覚からしても洋食やジャンクフードを完全に排除はできないのです。

野菜不足の現代日本人

各家庭では毎日のように子供たちに「野菜を食べなさい!」と言う光景が見られます。外食でも「野菜たっぷり…」というメニューや野菜ジュースなどは、健康や美容に関心が深い人たちに人気です。それだけ、多くの日本人が野菜不足を自覚しているのです。とにかく、野菜をどうにか摂取しようというのが日本人の食事の命題になっているといっても過言ではありません。 しかし、いくらたくさん食事で野菜を摂っても十分な野菜の栄養素を摂取することは難しいかもしれません。何故なら、現在採れる野菜はかつてのものに比べると実は大幅に栄養素が減っているからです。代表的な野菜ほうれん草を例にあげると、ビタミンCは1950年と比べると1980年では約半分に、鉄分は4分の1ほどに減っています。

現代日本人の注目を集める酵素サプリメント

現代人が野菜不足、栄養不足を補うために注目しているのがサプリメントです。サプリメントはその人に合わせて、その人が必要とする栄養素を必要なだけ摂取できます。健康面でももちろん、美容面、ダイエットでも活用されています。そのサプリメントの中でも一番注目されているのが酵素です。それは何故かというと、酵素にはさまざまな働きがあり、1種類につき1つの役割しか果たさないのですが、サプリメントなら一挙に多くの種類の酵素を摂取できます。また、酵素は高温に弱いという性質上、加熱処理された料理やドリンクなどでは十分な働きを発揮しませんので、発酵させ、加熱していないサプリメントで摂取するのが一番なのです。また、携帯にも便利で値段がお手軽という利点もあります。

TOPへ戻る