今話題の「生酵素」って?

生酵素で痩せる理由と注意点

今話題の「生酵素」って?

生酵素を摂り入れることでダイエット効果が期待できるのには理由があります。体内に食物酵素を摂り入れると、その働きによって食事を消化、吸収しやすい状態に変わります。この状態で食事を摂ると、体内の消化酵素をあまり消費しなくて済むため、効率的に栄養素を摂取できます。

生酵素サプリのダイエットはこのメカニズムを利用しており、胃の中で他の食物に働きかけることで、スムーズな消化、吸収をサポートするのです。体内の消化酵素に余裕がある状態を保つことで、摂取した栄養素が代謝酵素を活発にし、代謝が上がります。つまり、生酵素の摂取が結果としてダイエット効果につながることになるのです。

ただし、生酵素を補給するタイミングはいつでも良いというわけではありません。生酵素を摂り入れる際に注意すべきポイントとしては、生酵素の補給はあくまでも消化の助けにしかならないので、消化を助けられるタイミングで飲まないとあまり効果が発揮されません。したがって、生酵素を補給するのは食前のタイミングが良いと考えられます。

美容や健康にも期待できる

生酵素を一言で言えば、加熱処理を行っていない酵素商品のことです。加熱処理をしているかどうかという点で線引きをし、あえて「生」酵素と呼ばれるのには理由があります。

まず、酵素はその働きによって消化酵素、代謝酵素、食物酵素の3種類に分けられます。消化酵素と代謝酵素は体内にある酵素です。消化酵素は食べ物の消化や吸収に必要とされる酵素であり、代謝酵素は体の代謝を促進させる酵素です。また、食物酵素は食物に含まれるもので、野菜や果物、肉、魚などに含まれており、体内で消化酵素を助ける役割があるとされています。食物酵素は食べ物を通じて摂取することができますが、熱に弱いため、加熱すると壊れてしまう性質があるのです。そのため、食物酵素が含まれる食べ物はできる限り「生」の状態で摂り入れた方が良いと考えられています。そのため、加熱処理を行っていない酵素食品には「生」を付けて区別しているのです。

生酵素の魅力としては、代謝サポート、美容サポート、体内環境サポートの3つがあります。代謝が良いことはダイエットにもつながるため、生酵素はダイエットに良いというイメージを持つ方も多いかもしれませんが、体内環境を整え、肌荒れなどを防ぐ効果もあるとされており、美容面や健康面でも重要なのです。

1日に必要な生酵素の量

体内の酵素量は70歳時点ではピーク時の5分の1に減少すると言われています。50歳を過ぎたあたりから急激に体内の酵素量は減少し、それに伴って様々な病気が発症してくる時期でもあります。体内の酵素は生涯でつくられる量に個人差があるとされ、その量には限界があります。

そのため、常に食事やサプリで外部から酵素を摂り入れることによって一定量が体内にあれば体全体の代謝力が上がり、太りにくく病気にもなりにくい体を保つことにつながります。ですが、生酵素1日に必要な酵素の量については、現段階でははっきりと決まってはいません。

参考になる目安として、食物酵素が含まれる野菜や果物の1日の摂取目安は、野菜が350g、果物は200gとされています。これだけの生野菜と果物を毎日しっかりと食事から摂取できることが理想ですが、当然この量を毎日摂り入れることは難しいという方もいるでしょう。そのような場合には生酵素のサプリや健康食品を活用することで酵素の摂取をサポートすることは有効な手段と言えます。

TOPへ戻る